劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日はチケット発売日。
2017年03月24日 (金) | 編集 |
奥村です。

あまりにも時の流れが早すぎて少し引いているが
「女の壁/憧れの雪国」が終演して、早1か月半が経った。
ええ、、早い。。
嘘だと思って自分の手帳を見直したり、カレンダーを確認したりしたが、
たしかに1カ月半ほど経っていた。

僕の感覚では、18日くらいしか経っていないことになっているから、ゴリゴリに引いた。
だけど、僕がこの事実に対して本当に引いていたのか、引いていないのか、それはどうでもいいことだった(村上春樹風に書いてみた)

たしかに言われてみれば、僕の周りでは

新しい仕事を始めたり、
大学を卒業していたり、
自分で企画した公演をやっていたり、
映画を撮っていたり。

慌ただしく冬の最後をやり過ごして、どいつもこいつも春の陽気を迎えに行った(これは誰風なのだろうか、、)

僕は一体何をしていたのだろう。

それなりに色々とあった気がする。
嬉しいことも悲しいこともあった気がする。
それでも、なにか自分のテンションと、感覚と、季節の巡りが一致しなくて妙な感覚だ。

もうすぐ稽古が始まる。
新作「幕張の憶測」の稽古が始まる。

演劇を作るのは大変だけど、取り組む1カ月半くらいは、日々の密度がぎゅっと上がって、その感覚は結構好きだ。
ここでようやく春に追いつける気がする。
そして、春だけじゃなくて、とんでもない密度で、初夏まで捕まえられそうな気がする(だから誰風なのだろうか)。

もちろん不安はある。

稽古が始まる前は、やっぱり逃げ出したくなって、
布団の中で頭を抱えて、
どうしようどうしようって
いざ始まってみたら意外と大丈夫、
なんてことは全然なくて、
やっぱり逃げ出したくなって、
何回かは逃げ出したりもして、
寝て寝て眠れなくて、
今が朝の5時なのか夕方5時なのかわからなくなって、
それでも頑張って頑張って
そこに見える仄暗い
微かな光だけをあたしは
信じたいの(メンヘラ風に書いてみたら、途中で性別変わってしまった)


というわけで明日はチケット発売日だ。
まだ、完成もしていないものに対して予約するなんて変だね。
でも、面白いやつやるから大丈夫。
6万枚、予約してください。

アフターコントもやる。
毎回、業界の偉い人たちから「あれはやめた方がいい」と言われるが、やる。
もはや自分でも何故やっているのか、わからないのだから。


新しいものができる気がするし、
結局地続きなのだから革新的に新しく面白いものなんてできないこともわかっている。

尖った気持ちと
現時点の全部をぶつけて、
いいものを作りたい。

はい。
がんばろ。

というわけでみんなよろしくー!!
スポンサーサイト
ウォーミングアップ
2017年02月23日 (木) | 編集 |
奥村です。
特に書くこともないですが、書きます。とりとめのないものを。
遡ること8年前、このブログを始めたばかりの頃は毎日のように記事を更新していました。

あの頃は、twitterなんてのもなくて、タイムラインに情報が垂れ流されてるわけでもなくて、演劇の情報でもなんでも、自分たちで調べなければならなかった。だから、みんなブログ読んでた。だから、書いてた。

今はね、わざわざ自分からブログにアクセスするってのもやりませんよね。
更新したらtwitterでも呟きますもんね。あれ、嫌いなんですけど、なんか、結局ブログもちょっと長めのツイートみたいな感じになっちゃって嫌いなんですけど、でもあれやらないと誰も見ないですから、仕方ないかなとも思います。

本当に中身ねえな!
中身ねえこと書いてるわ!

とりあえずtwitterとの連動は解除したので、本当に読みたい人以外読んでないだろうから、まあいいか!いいわな!うん!いいわ!

なんでこういうの書いてるかっていうと
「憧れの雪国/女の壁」が終演して、僕は、2週間とちょっと、ひたすら遊んでいました。
とにかく会いたい人と会う、そして酒を飲む、という極めてシンプルな幸せに浸っておりました。

しかし!
そろそろ!

動きださねば!
ていうか!
書かねば!脚本!
ほんとに!

5月公演に向けての脚本と、あとそれとは関係ない脚本を2つ、書かねば!
本格的に追い込まれる、その前に!

というわけで、まずはブログでウォーミングアップしているわけです(とかく現実逃避しがちな僕ですので、試験前日に部屋を掃除するのと大差はないと思いますが)。
まずは、文章を書く。ここから始める。
twitterのように、人の目を気にしすぎても、よくないから、
ブログぐらいがちょうどいい。

最近思ったこと!

なんか、どんどん自分がダメになっていってるような、
どんどん面白い文章が書けなくなっていってるような、
面白いことが思い浮かばなくなっているような、
ギャグが滑り気味のような、
そんなことをよく思います。

もう俺はだめだ!終わった!ごみだ!くずだ!なんか、あの、ごみだ!
って自虐したくなります。
自分の、こめかみを中心にぶん殴りたくなります。

でもそれってたぶん、
今まで頑張ってきたから。
ちゃんと生きてきたから!(カルト宗教みたいな論法になっていないか心配ですが、そう思うんです)

過去はどんどん強くなっていって、
平たく言えば美化されていって、
加速度的な成長期以外には、
自分はたしかな成長をしていても、相対的に停滞しているように、後退しているように
感じてしまう。

と思っています!

なんの話だかよくわかんねえだろうけど、

ちょうど先日友人と飲んでいた時に、そういう悩み、苦しみを聞いて、
どうすればいいかわかんねえって話を聞いて
僕は何も言えなかったんですが、
すげえ人ほど、そういうことに苦しむんだろうなって(そいつ、すげえ面白いから)。
普通の人なら、ぶつかれない、ぶつかることもできない壁に悩んでる。

いろんな自分を思い描けるから、そうなれない自分に苦しんでる。
でも、いろんな選択肢があるのは、あなたがすげーからで、すげーから自信を持って、わからないってことにも自信を持って、わからないってのがもうすでに正解だし、どういう道にいこうときっと大丈夫だから、サイコロとかで決めても直感で決めても大丈夫。
自信をもって、やっていってくれ!

そんなことを思いつつ、
別にそんなことを偉そうに伝える気もないし、
きっとそいつはなんとかしちゃうだろうから、
いいんだけど、
自分も他人ごとではなくて、

自分もまだまだくだらないことをやっていきたいんですけど、
もっともっとどうしようもないところまでいきたいんですけど、
自信をもって、
過去を振り返らず、
いつだって今が一番最高って心づもりで、
そのときやりたいことに素直に、
やっていこう、って思ってます。

それができたら苦労しねえ、って思うかもしれないけど、
できるだろ!テンションあげてけよ!
ってこっちはバカ丸出しで対抗します。

あー、
そんな感じっすね。

久しぶりにシラフなんですけど
酔っ払いみたいな文章ですね。
どうでもいいか。

どうでもいいや。
たまにはね。
たまにはさ。
「お前はそうやって、ずっと被害者面して、人を傷つけて生きていくんだ」
2017年02月09日 (木) | 編集 |
奥村です。

劇団献身スタジオ公演
「女の壁/憧れの雪国」
無事、終演しました。

予想を遥かに超えてたくさんのお客さんに足を運んでいただき、その点、とても幸せな公演でした。ありがとうございました。
また、劇団員が加入して初めての公演ということで、自分のなかで色々と考えさせられました。
だけど、考えたことの98%は書いてもつまらないことなので、書きません。漫画の話でもしましょう。

公演が終わって「モンクロチョウ」という漫画を読みました。
ストーリーとか主人公の心情には全然共感できなかったんですが、もう登場人物が生きまくってて、セリフが心にぶっ刺さりまくりました。
この記事のタイトルも、その漫画から取ったんですけど、やばいなって思います。やばいっす。ぱねえっす。これは俺のことかと。自分の弱い部分、抉られまくりました。

「モンクロチョウ」は、再開発が進む町に住む高校生のお話です。
主人公の住む団地が取り壊され、新たに高層マンションが建設されるような感じで。
町はどんどん大きくなっている。
だけど
「この町は、人が増えているだけで、進んでいるわけではない」

どんなに町が栄えても、壁にぶつかり続けるおじさんを誰も救えないし、人は人を傷つける。

全然うまく説明できないんですが、僕も同じような気持ちになりました。


「この劇団は、人が増えているだけで、進んでいるわけではない」

一歩間違えれば、そんな風になってしまうなと。
今まで通りにはできた気がする。
でも、それじゃあだめだ。
進まないといけない。進めないといけない。
今まで見ようとしてこなかったものを見られるようにならないといけないし、新しいものが見えてこないといけない。

今回の公演、劇団員の力なしでは勿論成り立たなかった。けれども、成り立たせているだけでは、もうだめなところに来てる気がする。

作品自体も、さらに前に推し進めていかねば。
進化せねば。
観に来てくれる人たちの想像の、もう一歩先へ行きたい。そのためのチームであらねば。
というわけで、奥村、お前はもう少しちゃんとしろ。


5月は、進化をテーマに作品を作ってみよう。
詳細はもうすぐ出ると思います。

ぜひ見にきてください。
もう一回り、面白くなった劇団献身を見せられるよう、頑張ります。


色々書きましたが、今回の2作品、どちらも好きな作品になりました。
特に「女の壁」は多くの人にとって節目のタイミングだったようで、今この時に再演できて本当によかった。
真摯に作品に取り組んでくれた座組の皆様と、見に来てくれた一人ひとり、そして劇団員の6人に感謝です!あざす!

どうかどうか5月もよろしくお願いします!
観に来てください。
2017年
2017年01月01日 (日) | 編集 |
奥村です。

年が明けました。おめでとうございます。
何がめでたいのかはいつだって不明ですが、まあいいじゃないですか。

僕は年末から実家に帰って、餅を作ったり、おせちを食べたり、至ってノーマルタイプのめでたい年末年始を過ごしています。
ノーマルな時間を過ごしているので、この流れのまま、ノーマルに「新年の抱負」なぞここに書いておきたいなと思う次第です。

今年はどうしましょうか、、抱負を書いておきたいとは思ったものの、特に決まっておりません。

少し、話が逸れますが大晦日は当然ガキの使いを観ました。蝶野さんが22時台のお約束に最近はなってますよね。
蝶野さんが放つ圧倒的な安定感とクオリティ。くそ面白いです。そりゃお約束になります。
そんな、蝶野さんを観てると思います。

目の前の現場に全力を注げば、そして結果を出せば、自ずと次に繋がっていく。

僕に置き換えれば、目の前の作品に一本集中。それしかないっす。
つまり、蝶野さんになりたいっす。がっでむ。おす。


劇団の主宰としては、色々ありますね。
実家でだらだらする時間を利用して、経営の本なんぞ読みながら考えました(僕でもわかるマンガのやつです)。

それを踏まえたうえで、
簡単に言えば
「気持ちの良い劇団にしたい」ですね。

お客さんに対して、
つまんないのにチケット代高いとか、
舞台美術雑とか、
受付が態度悪いとか、
道案内メールがわかりづらいとか、

そーゆー適当だったり、誠実でない、つまり「ウソ」を極限まで排除していきたいっす。
誠実に作って、誠実な価格で、誠実に見てもらう→お客さんにとって気持ちが良い、というわけです。
単純ですけど、何も持たない僕らがやっていくには、やっぱりそれしかないと思うんです。

クソ簡単ですけど、そーゆーの手抜く劇団マジで多いですからね、、頑張ります。
僕ら自身が胸を張れるものを作らねば。

そんな感じで、
2017年も頑張ります。
ちょっとずつ進んでいる気はしています。
毎回、「観て良かった!」と思ってもらえるやつやります。

まあでも楽しくいこうや。一回きりの人生だ。
そんな気持ちも持ちつつ、

今年もよろしくお願いします!
おす!
12月32日へ
2016年12月25日 (日) | 編集 |
奥村です。

今年もこのブログには奥村しか出てきませんでした。
大いに反省すべきではありますが、解決の糸口はまだ見えていません。いつの日か「読んでいる人より書いている人の方が多い」という一種のパンデミック状態になることを夢見て、2016年も奥村が締めくくりたいと思います。

今年も終わりですね。
漠然と、感謝です。ありがとうございます、漠然と。
漠然とした感謝の念を抱きつつ、今年を振り返ろうと思います。昨年も振り返ったんでね。今年も振り返らないと。2塁への牽制かってくらい振り返ります。(どうかしてるほど振り返った2015年末の記事がこちらです)

まずは今年も年表の作成から。

2016年
2月ゴジゲン「劇をしている」
6月劇団献身本公演「最悪な大人」
8月コント公演「ロンドン発!! 新春 僕たちのコント2016」
10月ミハマコントライブ「THEねこ」
11月新劇団員加入


去年よりあっさりしてる!
一つずつ、振り返っていきます。

・ゴジゲン「劇をしている」
楽しかったです。
普段、自分の公演では全責任を背負って、その重圧でぐちゃぐちゃに潰されそうになっている分、少し楽な場所から作品に関わることが楽しくってしょうがないです。僕も実家に帰ればそろそろ本気で心配されるぐらいにはいい大人ですが、ゴジゲンの座組では最年少ってこともあり、すごく自由にやらせてもらってます。「思いついたこと全部言って、言ったことに責任を取らない」という末っ子丸出しで取り組んでいます。そういう点でも、ゴジゲンはすごく大事な場所になってます。
男6人でわちゃわちゃしてるのも楽しいです。最近のゴジゲンの舞台観たことある方はなんとなく「こいつら仲良さそうだな」と思ってもらえたかもしれません。実際そうなのです。6人でいて、すごく楽しい。
ただ、それってハッキリ言って異常です。
僕、男ばっかりで集まったら「女の子いねえの?」みたいなことすぐ言い出します。チャラいとかチャラくないとかそういうことではないんです。僕は大学生の頃、建物と建物の隙間でご飯を食べていたくらいには根暗です。だけど、それでも「女の子いねえの?」と思うのです。
女の子の目線があるからこそ、男同士で盛り上がっても楽しいというか、女の子の前で下品な話で盛り上がって「ほーんと、男ってばかねえ」って言ってもらって、ようやく楽しい。「やんなっちゃうわ」と呆れてもらいたいのです。
でも、ゴジゲンの6人でいると、よくわからんけど楽しい。女の子の目線とか全然いらないし、例えるならばなんでしょう、秘密基地作ってるワクワク――(ベタな例えしか出てこなかったので割愛します!)
次が楽しみです。


「最悪な大人」
今年唯一の本公演でした。
今まで大体総動員500前後をいったりきたりしていた我々が、800人規模の勝負に打って出た公演です。
この公演の成否が読めなさ過ぎて、今年はこの1本に絞りました。仮に大コケしてしまったら、とんでもねえ赤字を抱えてしまうことになり、年内に次の公演を打つ体力が残っていない可能性もあったからです。
結果的には、目標動員も達成でき、後半は連日完売という、けっこうな奇跡が起きました。

今までの公演で一番ウケたような気がします。
むっちゃいい役者たち、むっちゃいいスタッフさんたちのおかげです。本当にありがとうございました。

これまで、100年規模のむちゃくちゃ壮大な話を作り続けてきたのに、「ある宅急便屋さんの1日」というむちゃくちゃ小規模な話がウケるというのも、なんだか複雑な気がしましたが、まあ結果オーライということにしておきましょう。
今後の作品の方向性もわかりません。壮大か小規模か、シュールなのかヒューマンドラマか、でもとりあえず「その時、面白いと思ったことをやる」という当たり前の方針だけを貫いていけたら良い方向にいくんじゃねーか!知らねえけど!それしかねえだろ!な!


・コント公演
前の記事で結構書いたので割愛!!
来年もやりたい!なぜなら楽しいから!以上!

・ミハマコントライブ
千葉の果て、美浜にあるミハマ・ニューポートリゾートの野外ステージにて30分のコントライブを行いました。楽しかったです。
ですが、最初に話を頂いたときは「むむむ……!」と少し悩みました。
劇団献身なんつーサブカルチャーのさらにサブの中の魔窟にあるような団体を知っている人は一人もいない、完全なるアウェイ、美浜。

「そんなとこでコントやって、はたしてウケるのか、、?」
「しかも僕のコントは、本公演以上に意味不明、やばくないか、、?」
「ていうか、人、来るのか?」

そんな不安が頭をよぎり、不安になりすぎて客引き用のイヌの着ぐるみを楽天で購入する始末。
そしていざ本番当日、蓋を開けてみれば、予想通りほぼ観客はいませんでした。

「、、!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ぱねえ!!」

ぱねえ!と叫んだ気がします、たしか。
これはまずい。やばい。ぱねえ。
少し離れたところに、光合成をしている老人がぽつねんといるばかり。
おいおいおい、なんだよこの状況。
そして、この状況でコントやる俺たちってなんだよ!
「間違いない、犬人間の犯行でしょう」ってなんだよ!辛すぎるぜ!

というわけで、まずはお客さん集めに奔走しました。
ビラを配り、イヌの着ぐるみで子供を集め(本編にイヌは一切出てきません。犬人間しか出てきません)、、、
しかしまあ「旅の恥はかき捨て」とはよく言ったもので、そういったお客さん集めにも躊躇いはありません。恥をかこうが関係ねえ。明日にはまた東京だ。どうせ知られていなんだから思い切りやってしまえ、てな感じで体裁も格好も気にせず、なんなら服も脱いじまえ、てなテンションでビラを撒きまくりました。
結果として、なんとか集まり、昼夜2回やったんですが、どちらも結構盛り上がりました。よかったよかった。
打ち上げで飲み過ぎて、東京に帰ろうと思ったら新川崎に着いていたのも良い思い出です。
また、やります、きっと。ニーズもわかりましたし。次はもっとウケるはず、たぶん!ありがとう、ミハマ!


・劇団員加入
入りましたね。劇団員。ついに。
6人入りました。HPで熱く語ったので、もう多くは語りません。
でも「とにかく奥村、お前は勘違いだけはするなよ」とだけは言っておきたい。奥村、俺だよ。
一緒にいてくれるのが当たり前ではなくて、いてくれるだけで奇跡なのだ、と思うようにしてます。
最大級のリスペクトを持って、付き合っていきたいです。僕は大好きです、この人たち。
どうか、全国98億6000万のブログ読者の皆様、温かく見守ってくださいませ。


つー感じですね!劇団としては!最後ちょっとキモかったな!ごめんよ!
他にも書きたいこと一杯ありすぎるけど、去年のブログが「キモいうえに長い」って評判だったからこれぐらいでいいだろ!

あと、本当は他にも色々脚本も書いたんですけど、ここで言えるような形には持っていけなかったですね。仕方ねえ、次、がんばろう!


というわけで、2016年もありがとうございました。

劇団献身も、奥村個人も、2017年はちょっと引くほど活動します!(マジで引くと思います)
どうか、引かず、劇場で見届けてください。
まずは2月1~6日「女の壁/憧れの雪国」。よろしくどうぞ!
詳細はこちらから


最後に、自戒を込めたこの一文で締めたいと思います。

「売れたいけど、売れたいのが一番じゃない!面白いことするのが一番だろ!」

奥村、お前だよ。忘れんなよ。



よいお年を!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。