FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
のほほんブログなのに
2010年03月03日 (水) | 編集 |
のほほんとした内容が書き込まれない。栗原です。

春らしいのほほんとした内容のブログ書こうと思います。
もうすぐ春ですね。冬が嫌いな私は嬉しくてしかたない。
いつも通る家から駅までの道のり。線路沿いにはいち早く春が来ています
なぜか線路内に花壇を作ってる素敵なオジサンがいます
しかも無駄にクォリティー高い。なんか毎年めちゃくちゃ綺麗な花咲かせている。でも線路内。
いいのか?いっか春だし。
わたしはそのオジサンを花咲爺さんと呼ぶ事にした。
そして、線路沿いに生えているヨモギを摘んでいるおばちゃん。
あーいいなー。家できっと草餅とか作るんだろうなぁ。
でもおばちゃん、そこ、この前私がうんこ踏んだ場所だわ

あぁなんか全然のほほんとしない。
ろりえもしかしたら見に行けるかもしれない。
奥村、福田、三井さん。そしてろりえの皆様。頑張ってください!楽しみにしてます!
スポンサーサイト



疲労困憊
2010年03月03日 (水) | 編集 |
市原隼人が猿ロック THE MOVIEみたいなやつに主演で出てるらしく何日か前のヤフーニュースで挨拶してるのを見つけた。まあ別にそんなに興味も何もなかったんだけど、驚いたのがそれに対するみんなのコメント。

まあ罵倒、罵倒。ガキだとかうざいだとか演技が稚拙だとかまじ死んでくれだとか、ひどいもんだった。

ちなみに僕も市原隼人が嫌いだ。なんか真っすぐで、格好いいから。僻みだ。
しかし、その数百にも及ぶコメントを見てさすがに思うところがあった。
「お前らネットでの誹謗中傷なんて、市原隼人よりよっぽどガキっぽいことしてるよ、うざいよ、かっこわるいよ」と。そう思ったのだ。
こんな風に考えてしまうのはただ僕がひねくれているだけなのかもしれないが。大抵僕は一般的な意見を聞くと否定したくなるから。中二病。
でも、市原隼人が活躍している理由が、実力だろうがコネだろうが顔だけだろうが、そんなのは本当にどうでもいいことで、大事なのは市原隼人は超売れっ子の俳優であり、ネットで中傷してるやつらはただただそんな市原隼人を僻んでいるだけだということだ。
僻みなんかじゃない、というならネットなんかに書くな。口に出すな、言葉に出すな。黙って、妬め。それができないから書きこむんでしょ。
もう、まさにこのネットの向こう側にこないだの芝居のメインテーマの一つだった「ルサンチマン」があふれていた。気持ち悪かった。
市原隼人を否定することでなんだか自分が肯定されたような気分になるかもしれないが、そのネットでの中傷という行為自体が相当に最低なので、それだけは自覚してほしいな。偉そうにしてるあんたは映画で主演を務めたことがあるんですか?

おお、今度は僕が偉そうになってしまった。でも、僕は自分が最低の人間だと思っているから大丈夫。あんたらの方が立派だ。

今日のブログはうざいな。うざブログと名付けよう。


追記 今日は12時間以上働いた。無休無給で。弁当も出ない。短い休憩ではコンビニに走る。明日は初日。間に合うのかなあ