FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
大切な何かを忘れてしまった
2010年03月30日 (火) | 編集 |
奥村だよ。

このブログの書き出しが気持ち悪いと思ったあなた、これにはきちんとした論理的思考による根拠があるから聞いてください。思わなかったあなた、好きです。聞いてください。
いいですか、基本的に私は文章において敬体よりも常体を好みます。何それと思ったゆとり野郎はもう一度乳児期からやり直してください。本当に話の腰を折るのはやめてください。
敬体というのは今使っている「です、ます」調のこと。
常体とは「だ、である」調のことを指します(そのぐらい私は小学校のころから知っていました)

簡単に例をあげて説明するならば

敬体が「今日、私は三度勃起しました」
常体が「今日、私は三度勃起した」

ということです。ここまではゆとりでも大丈夫でしょうか?

さて、それと「奥村だよ」が一体どう繋がるかと言うと、賢い人はもうわかっていると思いますが文章には

「敬体と常体を混ぜて使ってはいけない」

という暗黙のルールがあるのです。

再び例をあげるならば

「奥村です。今日は三度勃起した。三度目でやむにやまれずオナニーをしました。とても気持ちよかった」
となると敬体と常体が混ざってとても読みにくいですね。ですから統一する必要があるのです。
敬体に統一すると
「奥村です。今日は三度勃起しました。三度目でやむにやまれずオナニーをしました。とても気持ちよかったです」

これは正しい。良い文章ですね。ですが私は先程申した通り常体を好みます。ということは

「奥村だよ。今日は三度勃起した。三度目でやむにやまれずオナニーをした。とても気持ちよかった」

となります。だから、ゆえに「奥村だよ」なのです。
奥村だ、というと「なんだなんだ!」と警戒してしまいますし
奥村さ、だと「なにかっこつけてんだこいつ」という感じになってしまいますし
奥村じゃん、だと「お前誰だよ」という話になってしまいます。
でも、奥村だよ、ならば「あ、なんだ奥村か、なになに?」となるでしょう?なるのです。なります。

だから「奥村だよ」なのです。これからは奥村だよ、をしばらく使います。



……本当に何を書いているのだろうか。
スポンサーサイト



ラテアメのために新歓へ行く
2010年03月30日 (火) | 編集 |
今日から新歓です。栗原です。

さて、私の所属しているてあとろ50'のブースですが、他の演劇サークルが良い場所で固まっているのに、てあとろ50'だけ離れたわかりにくい場所にあります。
テロを起こす勢いで新歓するしかないんじゃないか?
くぅぅ
負けないぞぉぉ

さて新歓の時に決まってラテンアメリカが演奏し、その周辺で各団体の看板持った人がどこからともなく集まり、祭りのごとく盛り上がるイベントがある
もう本当に楽しい
どんな感じかというと、サッカー観戦で点が入った時に知らない人ともハイタッチする感覚だ
その時だけ変な一体感が生まれる
もぅみんなで飲みに行ける。その時だけ
ラテアメ目当てで明日も新歓頑張ります
でもラテアメは1日一回にしとかないと流石に体力的にもたないので、明日は自重します。


てあとろ50'!
【投薬ブログ】第六章 「限界」
2010年03月30日 (火) | 編集 |
うわなんだ奥村くんの記事は。愛されてるのか僕は。治験のなか、こういうこと言われると相当泣けてくる。


なんなんだろ
いま自分はなにしてるんだろ。たくさん寝て、決められた量の飯を食い、たくさんゲームしてたくさんDVDみて…

普段の日常となんら変わらないじゃないか、そんな気分で寝っ転がったら天井の染みが見えた。
どこも清潔なのに、天井だけは磨けない。気になるほどじゃない、そうわかっていても目につく。

ここは歪んでる。

決められた飯ってなんだよ。食いたいもの食うのが食の楽しみだろ、先祖がつかんだ自由じゃないか。焼きそばを食いたい。


歪み始めたのは僕だけじゃない。みんな死んだ目をしている。談話室にいっても会話がない。ただニュースの音が流れてるだけ。


オナニーしたい
オナニーしたい
オナニーしたい

よくAVで夜中にナースがこっそりベッドにやってくる、みたいなシチュエーションがあるが、それは入院したことある男性なら誰もが妄想するものであろう。身を持って実感した。

それが一番リアル
妄想はリアルに限る
けどナンパ素人もんを観たい


帰りたい
明日帰れる
なにも得られてない
全ては繋がっているのです。
2010年03月30日 (火) | 編集 |
こんにちは、治験ブログに嫉妬してる奥村だよ。
治験ブログおもろいなあ。おもろい……おもろいけど!
島田君のフィルターを介すとこの世は絶望で満ち満ちているようにしか見えない。治験も何もかも地獄にしか見えない。
彼はほんとなんなんだ、僕だってまあこの世を厭世的にそして自虐的に見てしまうことがままあるがそれは勿論、一種のナルシシスムからくるものであってそこまで本当には絶望していない。「絶望している俺、格好いい」と思っているだけだ。31日には早稲田近辺で花見をしたいと思っている。お気楽者だ。花見しようよ!花、見ようよ。馬鹿だ。
だけど島田君は本当に絶望している。目が腐っている。覇気がない。生気がない。
だからいつまでも奥村君、島田君と呼び合う仲なのだ。
こないだも早稲田で会って「飯食いに行こうよ」って言ったら無言で帰りやがった。ひどい奴だ。最低だ。
この島田バッシングは愛情の裏返しだと思ってくれ。
本当は大好きだよ。
愛情の裏返しって便利だよね。言葉自体が。僕はよく使います。自分に言い聞かせます。
「あ、稽古中誰も僕に話しかけてくれない、愛情の裏返しだ」
「飲み会で本気でめんどくさがられた、愛情の裏返しだ」
「電車で僕の隣だけ誰も座らない。愛情の裏返しだ」
「友達のアドレスが知らぬ間に変わってる、愛情の裏返しだぜえええやほおおおおおお!」

でもこいつら本当は俺のことだいすきなんだ。だってもう一度裏返せば全部愛情なんだからさ。まったく素直になれよみんな!!めんどくせえ奴らだなあ!!

幸せだなあ。幸せだ。宗教開けそうだ。


PS うちにはエアコンがない。だから今めっちゃ寒い。でも明日からは暖かくなるらしい。だから31日は花見しようよ!それが言いたいだけだよ!