FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
今日も脚本執筆!とか恥ずかしげもなく言える人はあほだと思う。
2011年09月30日 (金) | 編集 |
執筆って言葉が格好良すぎるんだ。
一方パソコンに向かってにやにやしている自分には吐き気がするんだ。

脚本書いてる自分ほどブサイクなもんはねえぞ。しかも演劇は基本赤字だからな!ブサイクなことしておいてかつ赤字だからな!
だから「執筆なう」とかつぶやく人がいたらそれはもう「ぶさいくなう。赤字うぃる」と呟いているようなもんだぜ。気をつけような!


脚本執筆していました。

今回上演時間が180分を超えそうなのでなんとか半分の90分くらいにしたいです。
これがなかなか難しい。
名作「七人の侍」は240分くらいだったでしょうか、あれをたとえば何の考えもなしに半分の120分くらいにしたら、おそらく七人まず集まらず、四、五人集まって仕事をこなした人から流れ解散、もしくは敵である野武士たちが原因不明の集団自殺、というストーリーになるでしょう。これではたとえ名作がベースでも面白さを維持するのは厳しいですね。

良い所は存分に残しつつ、悪い所は徹底的にカットする、というのが肝要です。

しかし、そうなると

もし今回の脚本が良すぎたらこれはもう、カットできないのだから180分でやるしかないでしょう。
逆に悪いところしかなかったらこれはもう、カットするしかないのだから上演時間5分も辞しません。

つまり脚本のクオリティがそのまま上演時間に反映される。

だから会場に着き、制作さんのアナウンスで「上演時間は100分です」とか聞いたら「つまらない部分80分削いで面白い部分だけを残したのだな、大トロのようにこってりと濃縮された旨さ、楽しみだ」とかわけのわからないことを言ってニヤリとしてください。
逆に「上演時間は五分です。つまらないので帰っても大丈夫です」とアナウンスされたら、誘った友人と気まずく帰路についてください。「つまらなければ上演中止も辞さない、これこそが真のプロフェッショナルだ」とかわけのわからないコメントをこりっちにでも書いておいてください。そしてそっとドーナツを差し入れしてください。


本番までまだ一カ月以上先だし、稽古もまだ五回ぐらいしかしてないので、まだまだ芝居の全貌は明らかにはなりませんが、とりあえず90分を目指して頑張っていきたいと思います。

パソコンに向かう自分は本当に気持ち悪いので、なるべく稽古場で作っていきたいです。

それではまた!


セックス!
スポンサーサイト



くそでくそみたいな日々を塗りつぶしてくれる稽古
2011年09月29日 (木) | 編集 |
奥村だよ。
昨日、新たにエンクラ26期の小室が演出助手として加わった。まきゃーん

総勢15人くらい。なんだかんだやっぱり多い。

稽古は四時間。それ以外の20時間は寝て、起きて、眠くなるまでぼーっとして、また寝るというゴミクズみたいな生活をしているのだが、稽古の4時間が僕を肯定してくれる気がする。こんなだから学校にあまり行かなくなってしまうのだちくしょう。満足させんなや稽古。

小室が参加したエチュードが面白かったので紹介しておこう。

一人ずつ入ってくる形式。(4人。木村圭介、佐藤至恩、田村優依、小室)

・木村が失恋し、カラオケで一人で泣きながら熱唱している。

・佐藤が入ってくる。たまたま隣の部屋で友達と歌っていたという。一緒に盛り上がろう、と言って仲間を呼ぶ。

・小室、入ってくる。小室はしかし浮かない表情。理由を聞くと「トイレにうんこが詰まった。だけど従業員がいない」と言って落ち込む。

・田村、従業員として入ってくる。木村の失恋の相手は田村。偶然の再会。緊張が走る。

・しかし、小室はようやく見つけた従業員にうんこが詰まった相談をしたい。

・木村と田村、修羅場と化す。

・小室、うんこが詰まったことを伝えたい。

・一度は自分で直しに行くが逆にあふれさせてしまう。

・うんこが詰まったと田村に伝えるとめちゃくちゃ怒られる

・小室涙目。


という、文字にするとさほど面白くないのかもしれませんが

とにかく、「うんこが詰まったこと」が小室にとってのみ何より重要なことであったというのが面白かった。他の人が全員そっちはどうでもいいと思っていたのも面白かった。そして小室はたしかにトイレにうんこを詰まらせそうな顔をしているのだ。

これからの稽古も楽しみだ。



そして、うんこの話ばかりのブログ。

これからどうなる。

己にタチムカウ
2011年09月28日 (水) | 編集 |
「カラーボール野球、死ぬ気で」以来のブログ執筆になります
慶應義塾大学5年目4年生23才の村上淳也と申します。

前回奥村君の企画に参加させてもらったのが2010年の2月のこと。
あの頃の僕はまだ童貞で、就職活動を舐めきっていました。
芝居と並行して就活するくらいの方がユーモアあふれる自分でいられるだろう
本気でそう考えていました。

結果就職活動に失敗。
中学受験・大学受験と順調に乗り越えてきた私は、人生ではじめての挫折を味わうのです。

今考えれば、この就職氷河期のまっただ中
そんな甘い考えが通用するはずもなかったのです。
しかも芝居の内容も内容なのです。
ひたすら現実から逃げ続ける男たち(自分の役は結局陰でしこしこ現実とも折り合いをつけている役でしたが)の物語。
芝居の内容を現実にも持ち込んでしまった私は
役作りが功を奏し、立派なゴミクズと化してしまったのでした。
(勘違いしないで頂きたいのは、奥村君の芝居に出たから就職活動に失敗したと言いたいわけではないのです)

それから私は自己改革せねばと思い立ちました。
髪を染め、後ろ向きな思考を極力捨て、童貞を捨てました。

するとどうでしょう、昨年度散々だった就職活動は
あっさりと終息に向かったのです。
めでたしめでたし。

さて、今回の個人的テーマは

己に立ち向かう

です。
立ち向かうべき己とは何か。

ほかならぬ今現在の自分です。
就職活動が終わったからといってへらへらしているお前だよ、お前。
今自分には、自分を肯定してくれる要素が以前よりたくさんある。
以前自分を肯定してくれる要素は、他ならぬ自分自身と、舞台上からのお客さんの反応。
やはり今の自分とは、そこに賭ける(依存とも言えますが)想いは同じとは言えません。

でもでも。じゃああの頃と同じ状態に自分を置けばいいのか?
それはそれで違うのではないかと思うのです。
童貞に戻りますか?いや、戻れませんから。
いつかは私も結婚して、子供が生まれ家庭を持つでしょう。
じゃあそうなったら、つまらない人間に成り下がるのか?
環境のせいにして、諦め許容するのか?

もう、へらへらしようとする自分と戦っていくしかないのです。
童貞じゃなくても、おもしろくなるしかないのです。
それが今現在出した答え。

私は、自分に立ち向かうことを、この企画における個人的な目標に掲げます。


なんだこれ長いしウザいしつまんねぇなぁ。
オナニーして寝よ。
テーマ:宗教
ジャンル:学問・文化・芸術
お弁当
2011年09月27日 (火) | 編集 |
こちらのブログでは初めまして、「俺は大器晩成」に出演します大石です

突然ですが、最近いつかの一人暮らしに向けてこっそりと料理を始めました
で、先週末の寝起きに思い立ったんです
「そうだお弁当をつくろう!」と

その日は朝から材料買い出しにいって午前の時間全てをお弁当造りに費やしました
不器用ながら一品一品丁寧につくりました
栄養もそこそこに考えて、野菜も肉もキノコも卵も入れました
時間ぎりぎりでいよいよ完成したお弁当の写メを一枚とって、そのまま意気揚々と稽古場へ

本当は夕飯の時間になってみんなに「じゃじゃーん!!」って見せたかったんですが、言いたがりの私が18時まで待てるはずもなく
ついて早々に私はみんなに「お弁当つくってきたんだよ!」と言いふらしてました
期待通り「見せて見せて~」と言ってくれたみんなに写メを見せて、「すごーい」とか言われて、それはもう鼻高々でしたね
矢先、共演者の栗田さんが一言

「私も料理好きなんですよ!」

おお!
稽古場に私含め三人しかいない女の子の中に、仲間が!!
嬉しくて「見せてください~」と、他の人と一緒になって差し出された携帯の画面を覗くと


そこにあったのは、まるで洋菓子屋の売り物のようにハイクオリティーのケーキやプリンやクッキー
タルトからモンブランからシュークリームからあげくのはてには創作料理まで
おいしそうで、形が整ってて、色鮮やかで、なにより可愛い
見た目も、メニューも、なにもかも可愛い

そうなのです、実は栗田さんものすごい料理上手なのです
なんでも一時期はパティシエの道を考えたときもあるんだとか
本格的です。プロです



・・・そうしてふいに見直した私の弁当の写真は、
まるでうんこでした。
うんこ弁当でした

そうです、私が朝早く起きて半日かけてつくったものは、それはうんこだったのです
口に入れるものではなく、お尻から出すものだったのです
かぼちゃのそぼろ煮とか見た目がまずうんこでした
エリンギのバターいためもだし巻き卵も色合いがうんこでした

ちなみにこれがそのうんこ弁当です

110925_121416.jpg

弔う気持ちで完食しましたが、だし巻き卵は地味に不味かったです



がしかし!
どんなことも日進月歩!ローマは一日にしてならず!!
気を取り直して私はこれをスタートとすることにしました

ここに、これから土日の稽古には毎回お弁当をつくることを誓います
そしてその度に写メをあげることを約束します
だからみなさん私のお弁当の上達具合を見て下さい
どうかお芝居の完成に伴ってパワーアップしていく私の弁当を見て下さい

有言無実行にならぬよう頑張ります
では!!
テーマについてとかそういうつまらん話させてください
2011年09月25日 (日) | 編集 |
奥村だよ。
今日は13-21時で稽古だったよ。

今日のテーマは「この芝居のテーマ」。今回はテーマテーマうるさいよ。

この芝居のテーマは「切なさ」と「飽くなき下ネタの探求」である。
演出助手の吉原に「下ネタが多すぎて胃もたれする」と言われた。

下ネタ面では成功のようだった。

しかし、あまりみんなから「切ない」という評価は聞かない。ただひたすら「くだらねえ」と言われる。もしくは「これ奥村君の実体験?」と聞かれる。実体験を誇張しただけなのが早くもばれている。

どうしたら「切なさ」と「下ネタ」を両立できるのか。
つまりそれは「切ない下ネタ」ということなのか。

だとすればどうしたら「切ないちんちん」が出せるのか。
「切ないちんちん」とはどのようなものなのか。

ちんちんが一人で勃起していたら切ない。
一人でオナニーしていたら切ない。
彼女が他の男とセックスしているのを見て勃起してしまった自分はきっと切ない(実体験じゃないよ)

どれもこれもいかにも切ない。だけど、今のところこういうのが「くだらない」と一蹴されている。

なにが足りない。本気度か。情熱なのか。

そういえば何かのAVで「あ、自分の彼女が部屋で犯されてるのにそれを見て勃起しちゃった!!」みたいなタイトルのAVがあった。あれを観れば何かしらヒントが得られるかもしれん。

TSUTAYAに行こう!