FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
向かいの人
2012年03月05日 (月) | 編集 |
奥村ですが

また、僕が住んでるあばら家の住人の話をしようと思う。

前回は隣人だったが今回は「向かいの人」だ。

向かいの人は六十近いおじいさんだ。浮浪者のような目つきで、毎日深夜に帰ってくる。大家さんと旧知の仲らしく、おそらくこのあばら家に最も古くから住みついている。そして、大工である(らしい)。

自分の部屋が狭いからと言って、隣の空き部屋との壁をぶちぬいて一人だけ8畳近いスペースを確保している。僕の部屋の倍である。

「大工だから、自分でやったのよ」

と、言っていたが、大工だからと言って、仮住まいの壁をぶち破っていいのだろうか。よくないと思う。大家さんは何か弱みでも握られているのかと思うほど、向かいの人に対して寛容である。

深夜に大音量でAVを見だすのも考えものである。

しかもおそらくはDVDでなくビデオである。年代物である。音質に味がありすぎるのだ。

もちろん独身である。

こないだ近くの居酒屋で酒を飲んでたら、向かいの人が一人でやってきて店長に執拗にからんでいた。

謎の多い人物である。

勧誘に来た読売新聞の人に対して「俺は産経一筋じゃ!ずうっとな!」と言って追い返していた。むろん、向かいの人は産経、というか新聞を取っていない。

なんなんだろう。

向かいの人の後にシャワー室に入ると設定温度が47度になっている。

熱いだろうが。

不思議な人である。


不思議な人が多い建物である。


次は二階に住むチンピラの話をしようと思う。
スポンサーサイト