FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
追いだされまして
2012年03月16日 (金) | 編集 |
いろいろと恥ずかしく面白みのないことを書くが

昨日はエンクラの追いコンがあって、それがすごく楽しかった。

こんな日ぐらい思い出に浸ろう、そう思い「思い出話」ばかりしていたのだが

止まらない。

思い出がありすぎた。

中学時代は皆無。

高校時代だって、その頃一番の友達だった奴とこないだカレー食いに行ったけど、会話は二十分くらいで止まった。「まあ、うん……」てな感じでナンをもそもそ食っていた。

だけど、エンクラでの四年間ってのは、それまでさもしい人生を送ってきた自分にとってその全てがハイライトで、ハイライトすぎて、10時間喋り倒してもまだ百分の一も話せてねえよ!ってな感覚だった。

そんなところで四年間という長さを感じた。

一つのことを一つの場所で続ける大切さを今更学んだ。

高校までも部活とか頑張ってきたけど、あれは有る程度「選択肢のない状態」に近くて、帰宅部とか幽霊部員はやっぱり嫌だし、「やって当たり前」だった。

でも大学は「選択肢が無限にある状態」で、帰宅部とかなくて、テニサーがモテて、演劇はださくて、そういった環境で続けてこれたってのは自分にとってものすごく意味があった。

中学より高校より大学での「今」が一番楽しい。

昔はよかった、と振り返ることが今まではあったけど、この四年間は「今」が一番楽しいと素直に思えた。

良い先輩と後輩のおかげだ。

素敵な追いコンをありがとう。

卒業生代表スピーチみたいなのやらされたけど、あんなに胸を張れるとは思ってなくて

そういう時間を過ごせたなあ、と思う。

これを踏み台に、もっともっと楽しい時間過ごせたらええなあ、と。

でもやっぱり一生付き合っていきたいと思える人たちがたくさんいて、なんか、よかった。

あざす。

これからは友達として関われたら良い。
スポンサーサイト