FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
ところかまわず親切にしたい。
2015年03月28日 (土) | 編集 |
奥村です。

人は「誰かの役にたっている」という思いがないと生きづらい。親切といってもいい。
誰かに親切にすることで、自分の価値を確認できる。
逆に親切に出来ないと「ワテ、この人らのためになんもできひんやんけ」と、自分の生きる価値について疑い始めてしまうのである。

僕は今、劇団を主宰している。劇団員は僕一人だ。
毎回たくさんの人に頭を下げて、公演のメンバーを集めている。
この時点で僕はいろんな人に親切にしてもらっている。そして、僕自身が誰かに親切にしてあげることができていない。

僕にできる親切はただ一つ「面白いものを作る」ことだけである。

そして「面白いもの」とは大抵(下らないが)相対的なものなので、本番が始まって実際に評判が耳に入るまではわからない。
だから今はまだわからない。
僕は絶対面白いと思っているのだが、みんなはまだきっと「奥村、これ本当に大丈夫なのか……?」と思っているはずだ。いつもそうなんだ。
つまり、4月15日、「悪いやつは大体トモダチ以上恋人未満」が初日を明けるまで僕はいろんな人に時間をもらって、親切にされっぱなしで、親切を全身に感じて生き続けなければならない。

それはとても苦しいことだ。
親戚の家に居候させてもらって1日3食3年間お金も払わず面倒みてもらったら申し訳なさでたぶん入院する。
今の僕はわりとそれに近い。

それを打開するには
公演以外で座組の人に親切にすることだ。

たとえば今日、座組の人から「小道具が別現場で急遽必要になった」と連絡を受け、渡しに行った。
僕の親切である。
そしてほんの少しだけ気持ちが軽くなった。
その人から受けていて背負い込んでいた親切を少し返せたからだ(もっともその人には親切にされっぱなしで「まだ100分の1も返せてねえよ!」と叫びたいぐらいなのだが)。

つまり、座組の人から与えられた分だけ親切にしてあげれば僕が今アンジェラ・アキの「手紙~拝啓、十五の君へ~」を部屋で十五歳の立場で熱唱するような事態には陥らないわけである。
そうだ、親切にすればいいのだ。

しかし、それに甘んじてはいけない(なんなのだろうか)

公演を面白いものにすることが自分にとっての至上命題であり、ところかまわず親切にして座組のみんなに「ああ、奥村はとても親切だなあ。これは公演がおもんなくてもまあ許すか」などというところに行ってしまったらそれはすなわち「狎れ合い」であり、もう、バカである。

だから僕はあまり人に親切にはしてはいけない。
ご飯を奢ったり、なんかお菓子買ってきたり、やたらと褒めちぎったり、そういうことはしすぎてはいけない。

だからアンジェラ・アキを聴くしかないのである。


もうすぐ本番だ。
ところかまわず親切にしたい気持ちを抑えて、台本とにらめっこするんだ。
スポンサーサイト



朝が来る。
2015年03月12日 (木) | 編集 |
奥村です。

いつも以上に個人的なことを書こうと思う。
そして個人的なことほど、往々にしてありがちなので、目新しくはないかもしれないけど、書こうと思う。


僕は昔小説を書いていた。
中学三年生の頃に読んだ小説がきっかけだ。

それまで僕は絵に描いたような田舎の少年で、野球するか野球観るかドラゴンボールを読むかしかしてこない人生だった。
僕の家族もきわめてそういったカルチャー的なものに疎くて、我が家に小説なんか一冊もなかったし、兄の部屋に「世界の中心で愛を叫ぶ」があったぐらいだ。
そういえば初めて読んだ小説は「世界の中心で愛を叫ぶ」だった。たしか中学二年の頃だ。泣きながら一気に読めるらしかったので読んだのだが、僕はまったく泣かなかったし休憩を5回は挟んだ。その時に漠然と「小説とはこういうものなのだ」と思った。つまらない世界だと思っていて、それが予想通り少しも心を動かされるものではなくて、僕はそれきりまたドラゴンボールの世界に戻っていった。

それから一年ぐらいして、僕はどうもイケてる連中とソリが合わなくなってきている事に気づき始めていた。
僕には球技の才能があった。才能があったとは言ってもそれは「大体の球技が中の上ぐらいのレベルでそつなくできる」といった程度だったがこれはスクールカーストが蔓延る小、中学校において極めて重大であった。

イケてるやつらは大体野球かサッカーをしていた。
僕もそつなくできたので、自然と仲良くできた。格段に楽しい人生ではなかったけど、それ以上に面白いことも知らなかったので、かまわなかった。

僕の人生を分けたのは、イップスである。
イップスとは恐怖症である。
ゴルフで言えば、あと1メートルのパットを決めることができない。野球で言えば、10メートル先のところに投げられなくなる。
僕は野球において、あるときから一切の送球ができなくなった。
練習ではまったく問題ないのだが、こと試合となるとだめなのだった。その頃は「イップス」という言葉自体広まっていなかったし、クソガキである僕は「自分の練習不足」と安易に結論付け、一層の努力をした。しかし、イップスは悪化するばかりだ。
そして僕はレギュラーから外された。

まあ単にメンタルが弱かったってだけなのだが、問題はそこではない。

野球がまともにできなくなって、スクールカーストの上の方にいられなくなった僕はそこで初めて「野球部でレギュラーになれないイケてないやつら」と時間を多く共にすることになった。

これが個人的にハマった。
それまで彼らのことをまったく知らなかったのだが、彼らは野球以外の様々な分野に関心を抱き、時間と労力をかけていた(もちろん野球ばかりやっていて単純に才能がなかった者も多くいたが)。

そこで僕は、ベンチで応援しているフリをしながらアニメの話ばかりしているオタク集団と仲良くなる。
そして、大量の小説を与えられた。
野球に完全に挫折し、部の最低限の練習以外しなくなって時間を持て余していた僕は、片っ端から本を読んだ。

本当に面白かった。
そして、こんな面白い世界を知っていた補欠の人たちを尊敬した。

そして僕は自分でも本を買うようになり、それまでもらうばかりで一切手をつけなかったお年玉のほとんどを本に費やした。
最初はライトノベルばかりだったが、そのうち興味を広げ、純文学などもその趣を理解していたかどうかは置いといて、ふむふむとしたり顔で読むようになっていた。

そして極めて自然な流れで「自分でも小説を書いてみたい」と思った。
ちょうど野球部を引退して何もすることがなくなった中学三年の秋だった(田舎なので、勉強しようがしまいが行く学校は同じだったし)
これまた尋常ではない熱量で持って書き進めた。両親が寝静まった深夜、犬にほえられながら書き続けた。
そしてネットの投稿サイトに載せたりしていた。

本当に痛々しいガキでしかなかったし、その頃の小説はもうすべて消してしまったので、本当のところはわからないが、間違いなくどうしようもないゴミのような小説であったろう(なにしろタイトルが「夢幻(むげん)」だったりするのだ)。
まあこういう「イタい時代」もあるあるだ。

長くなった。
結局何が言いたいかというと、なんだろうか。

そういう初期衝動を思い出した。

あの頃は本当に自分が天才だと思っていた(自分が書いた小説は超面白いと思っていた)
だけど今は、演劇に変わりはしたけど、自分で作品を書くことがものすごく怖い。
いろんな超面白い演劇を観て、読んで、そして年を少し重ねて、自分の作品なりを客観視できるようになってしまったからだ。

一番になりたい。やるからには一番面白い演劇を作りたい。
でも、それを目指すとそれが叶わなかったときに、辛い。だったら、作品なんて作らないで逃げていた方が「本気で頑張ったら一番になれるかもしれない」という可能性を残しておきたい。そんなことを思っているのかもしれない。
イップスのときの経験もあるのか知らんが、僕は否定や挫折をものすごく恐れている、未だに。25にもなって。

実際脚本を書き上げたのは、劇場を押さえて実際に「公演をやるしかない」となったものだけだ。
上演の当てもなく書いたものは全て頓挫した。

作品を作ることへの畏怖の念が自分にまとわりついている。
実際、書いてきたんだから、書く力ってのは付いてきてるはずじゃないか。

何より、楽しいからやってるのに、恐れていてどうするんだ。畏怖じゃねえよ、難しい言葉使ってんじゃねえ。


もう少し、昔みたいに自分を信用して、書けばいいってことだ。
そして、傑作を書こうとか力むことなく、軽やかに洒脱に駆け抜けていきたい。


まとまらないな、深夜だしな。


とりあえず何が言いたいかというと、4月の公演の脚本、ずっと書き出しを恐れていたけど今から書き進めていくってことだ。
うまくいかなきゃまた全部書き直せばいい。
悪いやつら全員と寝る。
2015年03月11日 (水) | 編集 |
奥村です。

4月に向けて脚本なんぞ書いております。
だけど大変だ。爆発しそうだ。

酒飲みたい。いい感じに酔っ払ってしまいたい。そして朝起きて絶望して夕方まで浅い睡眠をとり続けたい。そして絶望したい。

一回ものすごく真面目な記事を書いてしまったけど、ブログの趣旨と反していたので削除した。

信用できる座組みなので、あとは僕が信用に足る人間になるだけだ。
でも酒飲みたい。
今から飲みに行く。
飲みながら書けるようにファミレスに行く。
でも、飲みながら書いたことはない。
ああ。

情緒不安定な文章だ。

でも、絶対絶対面白くする!!!!
悪いやつ全員と微妙な関係。
2015年03月05日 (木) | 編集 |
奥村です。

このブログには奥村しか出てきません。
しかし、それでも名乗り続けるのは心のどこかで、深く深く藤岡弘、の顔の彫りよりも深いところで、「そろそろ誰か出てこないかな」と思っているのかもしれません。

けれども、かといって全く心当たりのない人が出てきても困る。
「おちんちんマン」と名乗る人が現れたら最悪だ。「疲労時のおちんちんについて」とかそういう記事を書かれたら困る。ブログにだってモラルがあるんだ。
逆に「おちんちんマン」と名乗っておいて一切おちんちんについて書かなくても動揺する。天声人語みたいな記事書かれたらドキドキしてしまう。名乗るからには名前負けしない記事を書いてほしい。そして、困る。
結論として「おちんちんマンと名乗る人物がいかなるスタンスで登場したとしても、困る」ということがわかる。

なんの話なのだろうか。

前回の、公演総括っぽい記事があまりに雑すぎて、「ちゃんと書け」「もっと色々あるだろう」「お前の言葉を楽しみにしてるんだ」などという声は一切飛んできませんでしたが(平均アクセス数3なので)、もう少しちゃんと書いておこうかなと思った次第です。

1月から脚本を書き始めて2月19日までに2本。
これはかなりのハイペースです。自分で言うのもあれですが、ペースがハイです。いつもなら半年ぐらいうだうだ言いながらちまちまようやく1本書くのに。

自分に対する修行の意味合いが強かったです。
絶対無理であろう分量を書ききる。それぐらいできないとこれから続けることなんてできないだろうと思っていたのです。

「これはとてつもない試練だ」

僕はまさに千尋の谷(せんじんのたにと読みます。ちひろと呼んだ人は勉強しなおすかジブリでも観ててください)に突き落とされたライオンの子ども、いやこの場合、自ら谷にダイブした自殺志願者、ほぼ太宰治と言って差し支えないでしょう。


しかし、谷にダイブするだけでは僕は飽き足りませんでした。

今回、僕は「男の壁」に出演しました。
いつもなら2シーンぐらい一番楽なポジションで出るだけなのに、今回は冒頭30分とラスト30分出づっぱりでした。セリフ覚えだけで一月かかる僕にとってこれは、谷に身投げしたうえに谷底に剣山がびっしりあって串刺しにあった太宰治といっていいでしょう。

しかし、串刺しになっても僕は飽き足りません。いえ、もう足りてました。でも、止まりませんでした。

さらに舞台監督が次の現場に向かうため初日でいなくなったため、本番期間中は舞台監督の仕事も務めました。
加えて「女の壁」では音響オペも務めました。
さらに需要なんてないのにアフターコントにも挑戦し、宣伝などの制作業務も行いました。

これはもう谷に身投げしたら谷底に剣山があって串刺しになった末、内臓に備え付けられていた時限爆弾が爆発して粉々になった太宰治といって間違いないと思います。

それぐらいてんやわんやだったんですが、
不幸中の幸いだったのが「役者がみんないい奴」だったということです(僕はよくこうやってさりげなく、しかし露骨に公演関係者を褒め、好かれようと画策します)

舞台掃除からプリセット、照明オペやらなんやら、たくさんたくさん助けてもらいました。
僕は粉々になりましたが、みんながGボンでくっつけてくれたみたいです。

おかげでなんとかやりきることができました。
RAFTのおじちゃんおばちゃんもフェンス建てたりなんだりっていうでたらめを許してくれてありがとう。

あ、総動員は502名でした。
500を超えた。次は600。
もっともっとたくさんの人たちに面白いものを見せられたらいいなと思います(太宰)。


今回、一番大きかったのは「度胸がついた」という点です。
いろんなことに挑戦できたので、4月の公演は本当に全身全霊でふざけ倒すことができると思います。
そのために必要なのはネタを考える頭ではなくて、臆さない気持ち。特に女チームにはストーリーらしいストーリーは作らず、本当にふざけた作品だったにも関わらず、好評いただけました。
これが許されるなら、次はもっと遥か彼方までいける。
怒られるところまでいける気がする。

今は4月に向けて、毎日50件以上メールをする日々です。忙しいわけではなく、たださぼっていただけです。あと50件のうち半分は「飲もうぜ」みたいなメールです。

次は劇団献身の真骨頂。ノンストップナンセンスコメディで下北沢に挑みます。
よろしくお願いします。

前半の文章がぐっちゃぐちゃですが、特に直しません。
誰も読んでないし。

それでもたまたま見かけた方はぜひ、4月15~19日にシアター711で演劇やります。
よかったら見に来てください。

奥村
おしまい。次へ!
2015年03月02日 (月) | 編集 |
劇団献身第4回公演「男の壁/女の壁」全20ステージ終演しました。
いつの間にか春がきていました。

今回も色々ありました。嬉しいことも悔しいこともたくさんありました。

もっともっと面白く出来た気がするなあ。


次は4月にやります。
4月は下北沢。
今回は下北沢で爆発するための布石だ。この2公演を土台にもう一つ上にいきます。


あと、アフターコントが受けたので、またやります。