FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
5G演劇について考える。
2019年08月22日 (木) | 編集 |
昼夜逆転の生活をしていたが、今日は久しぶりに昼間、外出した。

目黒シネマで「グレイテスト・ショーマン」と「ボヘミアン・ラプソディー」の2本立てを観たのである。
普段なら寝ている時間のため、眠ってしまわないか心配だったが、どちらも大変に賑やかな映画だったので、問題なかった。

その後、気になっていたもつ焼き屋で一杯だけ飲んだ。串焼きがとても美味しかったが、もつ焼きを頼むのを忘れた。

映画館に行く前には洗濯もした。
脚本を書いていないと言うこと以外は、なかなか良い休日だ。


タイトルの通り、5G演劇について考える。
5Gがやってくる。10年単位で変わってきたこの世界が、2020年代にまた変わりそうだ。

1G 80年代 携帯電話
2G 90年代 メール
3G 00年代 i-mode
4G 10年代 スマホ
5G 20年代 大容量通信時代

ということらしい。
たしかに世界は、この”Generation”が更新されるたびに、その形を変えてきたように思う。
しかしまぁ、ここで偉そうに語るつもりはない。浅い知識がバレるだけだ。

ふと、「演劇はどうなるんだろうなぁ」と思った。
変わる気がする。でも、変わらない気もする。
Gが更新されて、稽古の進め方や宣伝の仕方には、何度も大きな更新があったように思う。
けども舞台上で何かが行われて、観客はそれを観るために劇場に足を運ぶ、という大前提は変わっていない。

ちょろちょろと配信とかされているけど、あんなの流行るわけがない。
便利かもしれないが、圧倒的に面白くないからだ。

それでも5Gになったらわからない。
本も映画も音楽も、絶対に変わらないと思っていたけれど、その形をそれぞれ大きく変えざるを得なかったのだから。

本も映画も音楽も、店に行かず、自宅でもどこでも楽しめるようになった。店に行く必要がなくなった。そこに大きなポイントがある。

劇場に行く必要がなくなる、という革命は、起きるだろうか。

超精密、超低遅延な、生配信のVRくらいしか思いつかない。
劇場に行かずとも劇場と同じくらいの興奮が味わえるようになれば、、
これくらいならきっと実現されるだろう。そんな先の話ではないと思う。
地方の人たちは、東京に行く労力を考えれば、それで満足できそうな気もする。

デジタルを極めた今の世の中において、劇場やライブ会場に実際に行く、という行為に対しての価値自体は上がっている。
プロ野球だって、動員は増えているし。。
だから、よっぽどの革命が起きない限り、演劇はやっぱり変わらないんだろうけど。

どうなるんだろうなぁ。
劇場にはお客さんが全然いないのに、劇団自体は健全に運営できるということもあるかもしれない。
劇場を使わず、稽古場で上演するけど、VRを通した先では、しっかりとした美術が立って見えるかもしれない。

自分が考えるべきことではないけど、少し気になったから書いてみた。
なんだかんだ、いくらGを重ねても、演劇は変わらない気もする。
そして、Gを重ねれば重ねるほど、異様な存在になって行く気もする。国や企業がその時、演劇を大切にしてくれたらいいな。

今日はよく眠れそう。
スポンサーサイト