FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
寂しくて寂しくて十六夜の
2010年05月17日 (月) | 編集 |
もう名乗りません。
最近自分があまりにも屑のような生活をしていてぞっとします。
今日もずっとゲームしてました。部室で延々寺島とゲームをしていました。
ディディーコングレーシング(寺島が通販で買った)、マリオテニス(寺島がゲオで買った)、パワプロ(寺島に15-0で勝った)、マリオパーティ、ディディーコングレーシング(寺島が通販で500円で買った)。
終わらない終わらない。

一つ気づく。
自分は「自分が寂しがり屋だ」ということを企画公演以来肯定してきた。自分の弱いところを認めることでちょっと格好良く見られるんじゃないかと思ったのだ。以来自分はことあるごとに「寂しい」という言葉を乱発してきた。
だが結果として別に格好良く見られることはなかったし(サークルの後輩は最近の自分を屑としてしか見ていないだろう)、何より自分自身弱いところを認めることで開き直ってしまったような節がある。
今までは寂しがり屋と思われたくなくて必死に一人で寂しさを紛らわせてきた。それが勉強やスポーツや創作の原動力となっていたのだ。しかし今はどうだ、「ああ寂しいよー、誰か遊んでよー」そんなんばっかりで一人でいるときがない。一人でいたとしても常に誰かを欲している。
ストレスを溜めないから何もする気が起きない。
楽しい人生過ごしてたら何もやる気なんて起きるはずがない。

そして結果、最悪の気分なんだ。

ここはひとつ、しばらく誰とも遊ばないでいようじゃないか。そうしよう、そうしてストレス溜めて次の企画公演の原動力にしよう。次は来年の秋だけどな。でもこれはやる、もう決めた。

今まで遊びすぎた。

もう遊ばないぞ。なるべくね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック