FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
映画俳優奥村
2010年09月27日 (月) | 編集 |
新人公演が終わり、ごみのような生活をする日々。

そのなかでもやっぱりほら僕はさ、表現者なもんだから、ぼんやりしながらも自主映画とか作っちまうんだな。

とりあえず昨日からの流れ。

サークルの総会

そのまま飲み会

朝5時までカラオケ

学生会館が開く8時まで戸山公園で野宿

凍えて意識がもうろうとする。

気づけばもう夏は終わっていた。

肌を突き刺す冷たい風、澄んだ空気が秋の到来を告げていた。

ちんことか出してるうちに8時になる。学生会館内にある部室で仮眠。

10時よりクランクイン。


ほんとうに暇だったんで映画サークルと掛け持ちしている後輩と一緒に五分の短編映画を撮りました。

後輩がカメラを回して、僕とT君が三文芝居に興じる。

しかし、このTがいけなかった。この男、いわくつきの男、というか本当に呪われた男なのである。

以前、この男が主宰した企画公演では、インフルエンザ三名、ポリープ一名、教育実習一名、低気圧による目まい一名、心臓病一名、原因不明のコブが膨らみ続ける者一名(手術により切除)と惨憺たる状況に陥りろくに稽古をすることができなかった。
そして彼は新人担当なのだが(というか寺島なのだが)新人公演も役者は皆同様に病との闘いであった。

そして今回も呪いはやってくる。

撮影するたびに通行人が横切る。
内容的に後ろに人が映るのはNG。そこまで人通り多くないのに、撮影始めるとどこから現れるのか、おじいちゃんおばあちゃん、野球少年、ホームレス。人がいなくなったと思ったら今度は創価学会を糾弾するデモ行進。
仕方なく小休憩兼打ち合わせ。すると人通りがぱったりとやんだ。今しかない、急いでカメラを回し始める後輩。

すると

どこからかウォーキング友の会のプラカードを掲げた謎の集団がこちらにやってきやがった。

ちくしょう、なんなんだよ!!
なんでこのタイミングで50人のウォーキングがやってくるんだよ!!

結局撮影は終了予定時刻ぎりぎりまで長引いた。まったく、難儀だったぜ。


こんな感じで、新人公演が終わってからというもの、あほみたいに毎日を消費しているのである。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
電車の中で笑いが止まらない。。
映画見たいなあ!
2010/09/27(Mon) 08:01 | URL  | ぽ #-[ 編集]
ありがとうございます!
コメントいただけると、「こんなクソブログを果たして世に垂れ流していいのか」と迷った時に、クリックする勇気が出ます。

しかし、映画は誰の目にも触れさせません!!笑
2010/09/28(Tue) 00:04 | URL  | 奥村 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック