FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
一ヵ月半後には本番。
2014年08月08日 (金) | 編集 |
奥村です。

脚本なんぞに頭を悩ましている。

旗揚げ早々申し訳ないのだが、進度はさほど芳しくない。

膨大なネタ、やりたいこと、あるんだけど、
とっちらかりすぎてて、手をつける前から

「どうすりゃいいんだ」

と絶望してしまう。

そして、稽古のないこの二日間よく考えた。よくよく考えた。
で、わりと真面目な結論が出たので、特に面白みもないと思うが書いておく。

そもそも、こんなネタがやりたい、こういう演出(人が空飛んだり)とかやってみたい、というのがあって
それを今脚本上で整理しながら書いたりしているわけなんだけども、
それっていざ読み返すと少しも面白くない。

よしんばそのネタが面白かったとしても、
お客さんからウケを頂けたとしても、
それはその場の笑いであり
家に帰って気づいたらうんこ漏らしていた、というような衝撃は到底与えられない。
ただのお客様サービスであり、作品の根幹に自信がないから目前の笑いに逃げているだけであり
それらはまったく、すっかり無価値だ。
そんなことをしていたら登場人物たちはネタのために右往左往し、ご都合主義のゴミになってしまう。
それよりか、登場人物が生き生きしすぎて物語がぐっちゃぐっちゃでまとまりのないものになろうと
ギャグの少ないものになろうと
尺が7時間を突破しようと
そちらのほうが100000倍面白いはずだ。

ご都合主義の、よくできたコメディは、自分には描けない。そっちの方が絶対難しい。
だからこそ、徹底的に人間を描こうではないか。自分なりに。人間を。

偉そうに書いたがそんな感じだ、今。
となると、今書いてるものは一旦全部削除した方がいいかもしれない。

辛いが仕方がない。


こうやって書くとストイックが故に完本間近の脚本をすべて没にするプロフェッショナルの鑑に聞こえるかもしれないが実際は2ページぐらいしか書いていないちんかすなので安心してほしい。

もう1度考え直そう。

頻尿のお客様がトイレに行くのも忘れて見入ってしまうような作品を作り、
絶対に頻尿を直して見せます。
頻尿の人はぜひ来てください。


がんばります。


全削除してからが、勝負だ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック