FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
エログロナンセンスロックギャグエロ芝居
2014年08月12日 (火) | 編集 |
奥村です。

脚本が進んできた。
ただ、問題がある。

下ネタが以上に少ないのだ。

これは旗揚げ前に行ってきた僕の作品を観たことある人ならすぐに「ああ、やばいね」と合点してくれるだろうが
何せ僕の脚本は下ネタが多い。
芝居の根幹を下ネタが支えているのだ。

部室でエロ本を一人で読みふけるシーンに5分費やしたり
男同士で体をまさぐりあったり、そこにさらに男が入ってきて3Pになったり
「お前ら一杯目何飲む?」「え、ビールとか」「ばか、マン汁じゃねえのかよ」と何気なく挟んでみたり

そうやって芝居を作ってきた。

今回は今のところ、グロはあってもエロはない。まったくもって由々しすぎる。
これは自分がいい顔しようとしているだけではないか。
いろんな観に来てくれた方に「夏の暑さを忘れさせる清涼剤のような芝居でした」とか言ってほしいだけなんじゃないか?
そんなん言われてもちっとも嬉しくないぞ!
たしかに地元の友達とかに観に来てもらったのに自分が舞台上で全裸で殴られてたあの時の役者面会は気まずかった。

だけど、それでも、もっと気を失うような、まったく衝撃的で役者面会でなんと声をかけていいやらわからず客がこそこそ帰っていくような、高田馬場のロータリーでゲロ吐いてしまうような

そーゆーのじゃなきゃ意味ないだろうって。

なにを清涼剤のようなお芝居作ろうとしてるんだって。



だけど、実は下ネタが少ない理由は実はわかっている。

稽古場に女の子がいないからだ。

下ネタを言うモチベーションとはやはり
稽古場にうぶな女の子がいて
その子に聞こえるように言う、
というのが最上なのは間違いない。

その点で言えば、今回今のところ男ばかりで
たしかに荒川チョモランマの長田さんという性別的には女性の方がいるが
「ここでちんちん出そうか」
などと長田さんに聞こえるように言っても

「え、ちんちん出るの。ガハハ!」

と言われそうでちっとも楽しくない。
ちんちん損は目に見えているのである。

それでも、あと二人、女の子が稽古に合流予定だ。
少なくとも下ネタを言うモチベーションに足る子達だと僕は信じている。
男子側は性欲の強い布陣を組んでいるつもりだ。
ちんちん損しない稽古場作りが目下、急務であろう。

そして、しかし!

尊敬する小説家、花村萬月氏は原稿用紙50枚に一度(だったかな?)は暴力シーンを入れるという。
花村氏ほどの文豪でもそういった要素を意識的に取り入れているのだ。

にも関わらずクソ演劇集団、「劇団献身」主宰の自分が
女性が長田しかいねえから、と言い訳して、下ネタを怠っていいのだろうか?

ならば自分は、劇団献身はどうするのか。

「1枚に1個は下ネタを入れる」

これを誓います。

僕の台本は毎回50ページ程度になるので
50は下ネタを確保するということです。花村萬月氏の暴力シーンの50倍の頻度で下ネタを繰り出す。
これはなかなかに厳しい。しかし、やるしかない。

女の子たちが合流してきたとき、彼女たちが合流したのを「なかったこと」にしてまたしばらく休みだすぐらいの
下戯曲を拵えておく。
そして当面は長田さんで我慢しておく。

まあ、そういう感じだ。

まったくもってこのブログのアクセス数の少なさゆえ
のびのび書けて、すごく気持ちいい。


下世話なものを劇場に詰めてお待ちしております。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
現状か?
スピード!スピード!
応援してます。
2014/09/03(Wed) 19:51 | URL  | みちこ #-[ 編集]
Re: 現状か?
> スピード!スピード!
> 応援してます。

やましたああああああああああ!!!!
2014/09/06(Sat) 01:01 | URL  | shinukide #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック