FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
悪いやつ全員と微妙な関係。
2015年03月05日 (木) | 編集 |
奥村です。

このブログには奥村しか出てきません。
しかし、それでも名乗り続けるのは心のどこかで、深く深く藤岡弘、の顔の彫りよりも深いところで、「そろそろ誰か出てこないかな」と思っているのかもしれません。

けれども、かといって全く心当たりのない人が出てきても困る。
「おちんちんマン」と名乗る人が現れたら最悪だ。「疲労時のおちんちんについて」とかそういう記事を書かれたら困る。ブログにだってモラルがあるんだ。
逆に「おちんちんマン」と名乗っておいて一切おちんちんについて書かなくても動揺する。天声人語みたいな記事書かれたらドキドキしてしまう。名乗るからには名前負けしない記事を書いてほしい。そして、困る。
結論として「おちんちんマンと名乗る人物がいかなるスタンスで登場したとしても、困る」ということがわかる。

なんの話なのだろうか。

前回の、公演総括っぽい記事があまりに雑すぎて、「ちゃんと書け」「もっと色々あるだろう」「お前の言葉を楽しみにしてるんだ」などという声は一切飛んできませんでしたが(平均アクセス数3なので)、もう少しちゃんと書いておこうかなと思った次第です。

1月から脚本を書き始めて2月19日までに2本。
これはかなりのハイペースです。自分で言うのもあれですが、ペースがハイです。いつもなら半年ぐらいうだうだ言いながらちまちまようやく1本書くのに。

自分に対する修行の意味合いが強かったです。
絶対無理であろう分量を書ききる。それぐらいできないとこれから続けることなんてできないだろうと思っていたのです。

「これはとてつもない試練だ」

僕はまさに千尋の谷(せんじんのたにと読みます。ちひろと呼んだ人は勉強しなおすかジブリでも観ててください)に突き落とされたライオンの子ども、いやこの場合、自ら谷にダイブした自殺志願者、ほぼ太宰治と言って差し支えないでしょう。


しかし、谷にダイブするだけでは僕は飽き足りませんでした。

今回、僕は「男の壁」に出演しました。
いつもなら2シーンぐらい一番楽なポジションで出るだけなのに、今回は冒頭30分とラスト30分出づっぱりでした。セリフ覚えだけで一月かかる僕にとってこれは、谷に身投げしたうえに谷底に剣山がびっしりあって串刺しにあった太宰治といっていいでしょう。

しかし、串刺しになっても僕は飽き足りません。いえ、もう足りてました。でも、止まりませんでした。

さらに舞台監督が次の現場に向かうため初日でいなくなったため、本番期間中は舞台監督の仕事も務めました。
加えて「女の壁」では音響オペも務めました。
さらに需要なんてないのにアフターコントにも挑戦し、宣伝などの制作業務も行いました。

これはもう谷に身投げしたら谷底に剣山があって串刺しになった末、内臓に備え付けられていた時限爆弾が爆発して粉々になった太宰治といって間違いないと思います。

それぐらいてんやわんやだったんですが、
不幸中の幸いだったのが「役者がみんないい奴」だったということです(僕はよくこうやってさりげなく、しかし露骨に公演関係者を褒め、好かれようと画策します)

舞台掃除からプリセット、照明オペやらなんやら、たくさんたくさん助けてもらいました。
僕は粉々になりましたが、みんながGボンでくっつけてくれたみたいです。

おかげでなんとかやりきることができました。
RAFTのおじちゃんおばちゃんもフェンス建てたりなんだりっていうでたらめを許してくれてありがとう。

あ、総動員は502名でした。
500を超えた。次は600。
もっともっとたくさんの人たちに面白いものを見せられたらいいなと思います(太宰)。


今回、一番大きかったのは「度胸がついた」という点です。
いろんなことに挑戦できたので、4月の公演は本当に全身全霊でふざけ倒すことができると思います。
そのために必要なのはネタを考える頭ではなくて、臆さない気持ち。特に女チームにはストーリーらしいストーリーは作らず、本当にふざけた作品だったにも関わらず、好評いただけました。
これが許されるなら、次はもっと遥か彼方までいける。
怒られるところまでいける気がする。

今は4月に向けて、毎日50件以上メールをする日々です。忙しいわけではなく、たださぼっていただけです。あと50件のうち半分は「飲もうぜ」みたいなメールです。

次は劇団献身の真骨頂。ノンストップナンセンスコメディで下北沢に挑みます。
よろしくお願いします。

前半の文章がぐっちゃぐちゃですが、特に直しません。
誰も読んでないし。

それでもたまたま見かけた方はぜひ、4月15~19日にシアター711で演劇やります。
よかったら見に来てください。

奥村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック