FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
2015年06月28日 (日) | 編集 |
6月は本当によく頑張った!
ちゃんと早起きして、働いたり、撮影したり、コント観たり、映画観たり、書いたり、素うどんばかりで頑張った!
その結果!

成果ゼロ!!

ふむ。なかなかに絶望的な気持ちになった。そもそもなんといえばいいのか、本番がない時期ってのはもとより孤独であるのはわかっている。本番中でもないのに「観ました!面白かったです!」とか言われても、一体何を見たんだ、こっちは何もやってねえぞ、ってな気持ちになるのは必定、「あの人が殴られるシーン泣きました!」とか言われても、まあどの芝居も殴るのは絶対あるから間違ってねえけど、いやだからそもそも何もやってねえんだ、ってえなるからまあ言われても困ってしまうのだけれど。

とにかく、一人の時間がものすごく多い。
早起きしても一人、掃除をしても、素うどん食っても、毎日決まった時間にシャワーを浴びても、誰も褒めちゃくれない、一人だ。自分で自分をなるべく褒めて伸ばそうとはしているがやはりこういうのは人様にしてもらった方が都合がよいらしく試しに自分の頭などなでてみるのだが、これがちっとも嬉しくない。ならばと自分に厳しくするかというとそうでもなく、それはそれで、俺に厳しくしているお前は一体何様だ、と自問すると、それはもう俺様以外の何者でもなく、じゃあ同等じゃねえか偉そうに指示なんてするんじゃねえってなるわけで、あえなく手打ち、仲良くミヤネ屋なんぞ観るわけである。

一人に慣れてくると、今度は人と一緒にいるのが億劫になる。
たまに誰かと会ってもすぐにイライラしてしまう。それもそのはずで、一人でいればその瞬間自分のしたいことを随意に実行することができ、また何もやりたくないと思えばそれもそれで随意に怠けることができる。昼過ぎまで寝るのも、軽くシコって夕方まで再び寝るのも、そのあと酒を飲み、気づいたら意識を失い次の日になるのも、これ全て自由である。

だけれども自分以外の人間と一緒にいるとそうもいかない。
はは、昼過ぎまで寝たろ、と思ったとしても待ち合わせが新宿に午前十時だとしたらどんなに遅くとも九時半には起きねばならない。午前十時待ち合わせなのに、軽くシコって夕方まで寝ていました、と言ったらどんなに旧知の間柄であったとしても「了解!」とは相成らぬだろう。

不随意である。
随意的な生活に慣れきってしまった自分にとってそれは大きなストレスとなる。首尾よく待ち合わせに間に合ったとしてもその後打ち合わせと称して相手と会話っちゅうものをしなければならない。これも、延々自分の話をこれ随意的に話し、相手は程よく相槌を打つくらいなら少しもかまわないのであるが、現実には人と会話するとき、相手の話を聞く、という時間が訪れる。もちろん事前に「こういった話を僕にしてください」と頼むというようなことはできないため、相手がどんな話をしてくるかは予測不可能、まったくの不随意的に会話は進行していくこととなる。

不随意だらけだ。
なんということだろう。
公演を控え気のむくまま生活をしてきた自分にとってこれほど疲弊してすることもない。疲れきっちまうのも嫌だから適当にバックレたりしてもいいが自分もいい加減25歳であるし、演劇なんてのは人とのつながりだけで成り立っているため、世間とうまいことやっていかねばならん。

しかし、「世間とうまくやったるか」なんていう傲岸な態度で人といても、その人にしてみればはた迷惑極まりないのであって、「わざわざ時間を作って会ってやってるのに、この傲岸な態度はなんやねんこら」となってしまうのはこれ避けられない事態だ。

もうなんというか、袋小路である。

そんな感じで今色々な人たちとの関係をこじらせてしまっている気がする。

いい加減、随意的なこの1~2ヶ月が例外で、本来人は人と一緒にいなければならないということを僕自身もう一度理解しなおす必要がある。もしくは酒を飲んで全てを忘れる必要がある。

というわけで酒を買ってきた。
たくさん飲んで、忘れようと思う。

明日になれば全てが解決しているかもしれない。
そんな一縷の望みに全身全霊で縋りにいって今日は寝ようと思う。



みなさん、本当にすみません。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック