FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
稽古したりしてる。
2015年07月22日 (水) | 編集 |
そうです、奥村です。こんにちは。

こないだ26歳になりました。ありがとうございます。
もうすぐ劇団も1周年です、1歳です。四捨五入したら30歳の男がこうやって演劇できる日々に感謝しながら、最近はコントに浮気をしています。
だけどコントと演劇の違いはなんでしょうか。
がむしゃらに一夏かけてコントを書きまくりましたが、行き着いた先は演劇だったような気がします。よくわかりません。

今回の見所、というかやってて楽しい部分を書きます。
まずは、広井龍太郎です。
僕は学生の頃、同じ早稲田で活動していたこの男のことをもちろん知っていたのですが、僕は彼を見た目だけで判断して「ふざけた野郎」だと勝手に思っていました。見た目がふざけているんです、なんか。

ただ僕のこの認識もある日を境に変化します。

僕が昔学内で公演をやったときのことです。まだ2年生だった広井はその撤収作業を手伝いに来てくれました。
学内公演の手伝いなんてのはもちろん無償なので僕は感謝仕切りです。「本当にありがとう、広井」、そう思いました。

そして30分後、そこには木材でシーソーに興じている広井がいました。

このシーソーにより僕のなかで彼は「ふざけた野郎」ではなく「ふざけきった野郎」という認識に変化しました(この前その話をしたら広井は否定していましたが)。

ただ、その広井の面白さは認めざるを得ず、一緒にやれるもんならやりたいのも本音やんけ、と思い、誘ったら意外とすんなり出てくれることになりました。
そして稽古を重ねるにつれてわかってきました。

彼は真面目でした。僕や平山よりもよほど真面目に芝居をやっていました。
僕は大体1回やったらあとはもう面倒なのでその日は同じシーンの稽古はしないのですが、彼は「もっかいお願いしていいですか?」と自分の納得がゆくまで稽古を重ねます。
実際、広井のせいでいつもなら大体9時くらいには終わるのに退館ぎりぎりまで稽古を重ねています。

僕は認識を改めざるを得ませんでした。

彼は「ふざけきった野郎」なんかではありません。

「真面目にふざけきった野郎」です。

ふざけてることはふざけてます。顔がふざけてますから。


広井は今あんまり芝居やってないのでこれだけがっつり彼が観れる機会は今後なかなか訪れないでしょう。
これは観てほしい。「なんて真面目にふざけてるんだろう」と感動することをお約束します。

他にも書こうと思いましたが、また今度にします。
広井に会いたくなった人は8月に東中野に来てください。

まあ平山も金もふざけた野郎なので、それも追って書こうと思います。

以上です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック