FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
2019年07月29日 (月) | 編集 |


腰が痛い日々だ。

高校の頃に、部活動で発症させてしまった腰痛とは、かれこれ15年ほどの付き合いになる。

15年間、毎日共にしているのだ。
どんなに仲良い友達だって、そんなことはないだろう。
腰のことを考えずに生活したことは、1日だってなかった。

腰にとって、一番よくないのは”ぱなし”な生活をすることだ。
座りっぱなしだったり、寝っぱなしだったり、立ちっぱなしだったり、”ぱなし”は確実に腰痛を悪化させる。
”水出しっぱなし”とかはセーフだ。考えればわかるだろう、そんなこと。

生活の中で、脚本を書いたりなんだりのデスクワークが増えた。
座りっぱなしの生活にならないよう、自宅の机の上に、さらに机を置いて、即席のスタンディングデスクを作った。
足が疲れて来たら座って、一段目の机で作業する。
それでもしんどくなったら、ソファに転がって作業する。
そして、再び立ち上がる。

落ち着きのない生活。
そんな日々だ。

ふと思う。
自分は、これまでにどれほどの時間”腰痛”に思いを馳せて来ただろう。

一生のうち、3分の1は寝ているだとか、丸6年分は食事の時間だとか言うけれど。
自分は毎日10分は腰について考えていると思う。
加えて最近は1日15分ほど、腰痛対策のストレッチをしている。
さらに、時折整骨院でマッサージまで受けている。

これを合計したら、相当な月日になる気がする。
自分の人生を円グラフにしたとき”腰”という謎の勢力が幅を利かせることは想像に難くない。

今もまた、こうして腰痛について、ブログまで書いて時間を割いてしまっている。
そろそろちゃんと病院に行かねば。

30になったらマメにブログを更新する。と宣言した手前、とりあえず書いてみたところ、30代にふさわしいブログに仕上がった。

また書きます。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック