FC2ブログ
劇団献身主宰の奥村徹也のブログ。愛想を振りまくtwitterと違い、1日平均アクセス数3の当ブログでは好きなこと、書きづらいことをたくさん書きます。右の猫がかわいい。
脚本の書き方
2019年08月27日 (火) | 編集 |
今日は雲水に向けて、午前中に赤坂で劇場下見。
昼からはサウナと脚本書き。
夜は加瀬さんが出ているSUGARBOYSを観て来た。これも赤坂だ。
ずっと赤坂にいた。

劇場の雰囲気が掴めたし、サウナは最高だった。
雲水はようやく一場の流れとダイアローグが明確になった。
SUGARBOYSは、大好きな劇だった。

この一ヶ月ほど、やたらと舞台や映画を観た。
といっても、数にしたら大したことはない。世の観劇おじさんはすごいな、と改めて感じた。

タイトルの通り、脚本の書き方について。
書く時はいつも「今までどうやって書いてたんだっけ」と途方に暮れていた。
PCの画面は真っ白で、何かくだらない下ネタを書いたりして、それは何にも昇華されず消えていく。
やがて焦燥から、現実を直視できなくなり、ネットサーフィンを始める。
そんな感じで、いつも煮詰まっていた。
が、最近はなんとなく書き方が固まってきた。

PCは使わない。
ただひたすらに、真っ白なA4用紙に樹形図を書き込んでいく。
物語の流れ、アイディア、小ネタ、なんでもかんでも書きまくる。
台本を書く前に、これを20〜30枚くらい書く。
もう、あとはセリフを書くだけ、という状態になるまで徹底的に物語の流れを作る。
そこまでやってようやく、PCと向かい合う。
その頃には登場人物の思考回路なども理解できるようになっており、その場ですべきことも全て明確で、迷いなく書くことができる。

アナログだし、時間がかかる。
しかも、セリフに起こす段になっても、簡単ではない。
伏線とかも、このタイミングで張り巡らすことが多い。大変だ。

けど、これが今のところの、自分の書き方だ。
自分がこんなにも考え込んでからじゃないと書けない人間だとは思わなかった。
プロットや構成なんてなくても、フィーリングで一本書けると、昔は思っていた。驕っていた。

ブログはスイスイ書けていいなぁ。

ブログ書いたり、ネットサーフィンしたり、散漫になりつつも、1日机に向かえた。乗って来たような気もする。
またパソコンを閉じて、白紙に書き込むのだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック